お正月用プレート、完成!

ブログ

こんにちは
チェントロです音譜

昨日の続き、お正月用のプレート飾りが完成!
姉に新年の書を葉書サイズで書いてもらい、

コルクボードと桜の枝で飾り付けしました。
3個作ったので、チェントロ

姉の事務所

甥っ子のバル(バラッカ)にそれぞれ飾ります。

ここから豆知識コーナー。
門松や正月飾りなど、いつから飾る?
しきたりは正しくはXmasが終わってから28日までに飾るそうですが、29日は「苦が待つ(末)」という事から避けられ、また31日では「一夜飾り」となって神様に大変失礼なんだそうです。
私は親に30日と教わってました。
取り外すのは松の内を目安に1月7日。地方によっては15日の所もあるそうです。平安時代から始まった、年神様をお迎えする行事です。
ついでに鏡餅は、末広がりの「八」ということで28日。鏡開きは1月11日。鏡餅は神様へのお供え物なので、包丁で切らずに手または木槌で割るのが正しい。
なんでも江戸時代の武家社会の行事の風習なので、包丁を使うことは切腹を連想するので厳禁だとか。
おしまい。