父の日。と、バッグ。

バッグの紹介

今日は父の日。
全国のお父さん、いつもありがとう。

息子家族が父の好きなお酒を持って、来てくれました。
ちなみにチェントロ夫婦のお父さんは、二人ともすでに鬼籍に入っている。なので今朝はいつもより念入りにお仏壇にお参りしました。

父の日って、1909年にアメリカのとある女性がが男手一つで育ててくれたことを感謝して、父親の誕生日に教会で礼拝してもらったことが始まりなのだとか。
国によって父の日は異なるらしいのだけど、感謝の気持ちは国が違っても同じですよね。

さて。

CIMG3205

今日はちょっとリッチなオーストリッチとパイソンのバッグをご紹介します。
パープルが美しいオーストリッチ。
そして白地にパイソンの模様が上品なバッグ本体です。

CIMG3200

こういう上品で美しいバッグは、一生モノとして大切に使いたい。洋服はもちろん、着物と合わせても素敵だと思うのだ。

タンスの肥やしになってる白大島を思い出しつつ、一体いつアレを着るんだと父の声が聞こえたとか聞こえなかったとか。

無理やり父の日とバッグの写真をつなげて書きました。

¥69,120