アルパカのバッグと節句のお話

バッグの紹介

新作・アルパカファーのバッグです。

cimg3546
と、後から書きますけど今日は節句の日ですよというお話。

 

ホワイトとグレーのバイカラー。
ふんわり、ふわふわのファーです。

cimg3554
ショルダーベルトは細い革紐。二重にしたりして長さを変えて楽しめます。だから、カジュアルに合わせたり、ちょっとしたパーティーシーンに持ったり。使い方が広がるバッグですよ。

29,160円

 

さて。
今日は重陽(ちょうよう)の節句。またの名を菊の節句。
節句は実は五つあるのです。

七草の節句 (七草かゆを食べますね)
桃の節句 (ひな祭りの日)
端午の節句 (子供の日)
七夕 (お裁縫の日・織姫さまにちなんでます)
重陽の節句 (菊が咲く頃で奇数の月の奇数の日、9月9日に、菊の花を浮かべて飲んだり、菊の花びらで邪気払いをする)

今では重陽の節句なんて言っても、知らないし、やらない人が多いのでは?
そういう私も大人になってから読んだ歴史小説の中で、重陽の節句で長寿を願うというくだりがあって初めて知った。
秋といったら十五夜の方がニュースになるもんね。

おしまい。